当直医の給料・年収は?

当直医の医師求人TOP >> FAQ >> 当直医の給料・年収は?

当直医の給料・年収は?

当直医として働く場合給与は比較的多くなりますが、年収に関してはあまり期待できません。医師が働く職場は色々ありますが、病院では入院患者や急患の対応のために夜間や休日にも人材を置かなければなりません。そうした時に求められることが多いのが当直医で、普段日中で勤務している医師とは別の時間帯で勤務させて一人の医師の負担を減らします。求人情報を見るとアルバイト待遇などで当直医求人を多く目にすることが出来るので、職場が決まるまではこうした職場で働くのも良いでしょう。

当直医の給与は基本給だけで言えば高く設定されています。日中に働くよりも身体に掛かる負担は大きく、一般的な休日でも働かなければならないなど不便な点も多いので、基本給を高めに設定しているところが多いといいます。そのため可能な限り多く勤務時間を確保して可能な限り給与を確保したいと考える方も多く、実際長期間働いているという方も少なくありませんが、やはり夜勤は身体に負担をかけやすいので働きすぎは禁物です。

給与は高めに設定されている当直医ですが、年間を通して働くような業種ではないともされています。夜勤の人材が本当に必要となるような緊急事態事態がまずあまり起きませんし、夜勤続きは体調にも悪いので基本的には長期間続けるのは推奨されていません。そのため勤務期間は短めに設定されているところが多いので、年間ではそれほど稼ぐことが出来ないといいます。さらに賞与などの制度も無いので、最終的には日勤の医師のほうが給与をアップさせやすくなります。

給与は高く設定されている当直医ですが、福利衛生に不足面が目立ちやすいといいます。このあたりは正規雇用と非正規雇用の最も大きな違いで、当直医として働き続けても退職金を受け取ることが出来なかったり、休日の有給申請が出来なかったりと、充実した環境で働き続けることが出来るとは言いがたいので、いつまでも医師として働き続けることを目標とするなら福利厚生にもより力を入れている常勤の医師求人を中心に探すようにしましょう。

当直医の求人の多くはアルバイトや非常勤待遇などの求人で、大きな病院ではそれなりの人数が求められていますが、それでも正規雇用というわけでもなく、安定した仕事を続けることが出来るとは限りません。そのため当直医として働く際はそのまま働き続けるのではなく、継続して常勤の医師求人を探すようにして、安定した生活を送る事が出来るような環境づくりも同時進行で進めるようにしてください。

当直医の師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 当直医求人ガイド All Rights Reserved.