当直医の睡眠事情は?

当直医の医師求人TOP >> FAQ >> 当直医の睡眠事情は?

当直医の睡眠事情は?

病院や診療所の違いによって業務形態は大きく変わりますが、中には夜間や休日の診療が必要となることもあります。そういう時に勤務することになるのが当直医で、診療時間外に勤務し、何かあった時でも対応できるよう日勤の医師に代わって業務を行います。こうした当直医は普通の人なら眠りに就く時間帯に仕事をすることになることになりますが、こうした業務を続けると睡眠時城はどうなるのでしょうか。

当直医として勤務しているとやはり睡眠時間は不規則になりがちです。人手不足の病院だと当直業務が終わった後すぐに午前中の診療業務を行うところがあったり、日勤と当直の入れ代わりが激しく、生活リズムが激しく狂いやすい状況になっているところもあるので、職場によっては非常に厳しい生活を送っているところもあるかもしれません。こうした状況に置かれている医療機関は昨今の医師不足を考えると決して少なくはないので、そうした職場への転職はなるべく避けるよう職場の情報はなるべく集めるようにしましょう。

睡眠時間がまったく取れないなどといわれる当直医ですが、時には暇な時間帯もあるので、そういうときには眠ることも可能です。当直医用の仮眠室などを設置しているところも多いので、余裕があればほとんどの勤務時間を寝たまま過ごすことも出来ます。とはいえそうした日が毎日続くわけではないので、油断していたら立て続けに急患が出て目の回るような忙しさになる可能性も十分にあります。

暇な時に仮眠を取ったり午前中に帰宅後すぐに眠りについたりと、当直医として働いていても常に寝ないで働くことはありませんが、こうした生活を続けることで眠りが浅くなってしまったという方も少なくありません。眠りが浅くなると身体がしっかりと休めなくなってしまい、翌日まで疲れが残ってしまうということもあるので、できればしっかりと睡眠を取れる時間を確保できるようにしたいところです。少なくとも人材不足が発生している職場で睡眠時間を確保するのは困難なので、当直医として働く際はちゃんと休める職場を探しましょう。

当直医の求人は基本的に非常勤のものがほとんどですが、就職後は日勤と合わせて当直医を行うこともあります。常勤で働くことが出来れば安定した生活を送ることが出来ますが、その分負担が増えることも珍しくないので、安定した生活を送る事を第一に考えているという方も出来れば自分のことも考えて負担の掛かることの無い仕事が出来る求人が無いか転職サイトなどを利用して探してみてください。

当直医の師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 当直医求人ガイド All Rights Reserved.